顔のたるみと生活習慣の深い関係

生活習慣がお顔のたるみに深く関係していることをご存知ですか?
気になりだしたが吉日です!
これを気に、生活習慣の見直しが出来たらいいですよね!

①お肌の構造って?
お肌は表皮、真皮、皮下組織によって形成されていて、たるみに直結する組織は真皮に当たります。
真皮はコラーゲンとエラスチン(どちらもタンパク質の一種)で構成され、コラーゲンは基礎部分、エラスチンは連結部分になっています。
この2つの組織が衰えることによって“たるみ”が起きてしまうんです。

②たるみをとる理想的な生活習慣は?
生活習慣は、食事、睡眠、運動の3つで成り立っています。

(1)食事
たるみをとるために、食事面で気にかけるべきことは“タンパク質”と“アミノ酸、ビタミンCをバランスよく摂ることです。
なぜなら、摂取したタンパク質からコラーゲンを作るには“アミノ酸”が必要不可欠。
ヨーグルトや豆腐には、タンパク質が豊富に含まれていますので、気にかけてみて下さい。
プラセンタはアミノ酸で出来ているので、効果的な補助サプリメントといえます。

(2)睡眠
多くの人が睡眠によってホルモンを調節しています。
プラセンタも同様、ホルモンバランスを整える働きがあるので、普段から寝不足ぎみ…
という方には打って付けのアイテムです。

(3)運動
適度な運動は、基礎代謝を高めるのに役立ちます。
代謝はお肌にとってはキーワード、お肌のターンオーバーは基礎代謝が低いとうまく行われません。
この代謝を高める成分がプラセンタにはしっかり入っていますので、是非活用して下さい!

健康に気を遣いたいけど、実際は仕事や学業が忙しくて難しい…というのが現代人の本音。
プラセンタを味方につけて、一緒に健康維持を頑張りたいですね!